「東西美人画の名作 《序の舞》への系譜」

東京藝術大学大学美術館
上村松園《序の舞》重要文化財 昭和11年(1936) 東京藝術大学蔵

2018年3月31日(土)~5月6日(日)の期間、東京藝術大学大学美術館では、「東西美人画の名作 《序の舞》への系譜」が開催されます。

独自の美人画様式を確立し、女性としてはじめての文化勲章を受章した日本画家、上村松園。松園の代表作であり、近代美人画の最高傑作である《序の舞》(重要文化財)が、修理後、本展で初めて一般公開されます。

装いも新たに、ますます美しくなった《序の舞》をご堪能ください。

展覧会概要

展覧会名 東西美人画の名作 《序の舞》への系譜
主  催 東京藝術大学、読売新聞社
会  期 2018年3月31日(土)~5月6日(日)
毎週月曜日休館(ただし、4月30日、5月1日は開館)
場  所 東京藝術大学大学美術館
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
公式サイト http://bijinga2018.jp
開館時間 午前10時~午後5時 入館は閉館の30分前まで
観覧料 当日一般1400円 / 高校・大学生900円(前売、団体100円引)
※中学生以下無料
※団体券は20名以上(団体観覧者20名につき1名の引率者は無料)
※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

 
情報提供:ココシル上野
https://home.ueno.kokosil.net/